MENU

2016/06/25 13:34:25 |
どのような安全運転をしているとしても、ルールやマナーを守って道路を利用しているとしても、いつ交通事故に巻き込まれるかは分かりません。自身が加害者とならないように気をつけることは可能ですが、被害者にならないための配慮には限界があります。交通事故の被害に遭ってしまうと、怪我の治療にかかるお金や物が壊れていれば修理のための費用、そして慰謝料の請求をすることとなります。相手が車の場合には加害者が加入している保険会社を相手に示談を進めることとなり、両者の言い分をもとにして慰謝料を含めた賠償金額が決まります。ただ、賠償金を決めるのは多くは相手の保険会社です。保険会社としては支払うお金を減らしたいので過去に...
2016/06/25 13:34:25 |
使いすぎてしまって支払いができなくなったクレジットカードは、そのままにしていても何かが変わるわけではありません。支払期日から過ぎれば連絡が日々届くようになり、信販業者の中には消費者金融よりも厳しくしつこい取り立てを行うところもあるので、何かと面倒なことになってしまいます。払えないから待ってくれとお願いをするにも限界があり、そのまま払わなければ訴状が届くこともあります。あまりにも問題が大きくなるとその後の処理も大変になってしまうので、できるならカードの支払いができないと感じた時点で弁護士への相談による解決を進めるようにしたいものです。弁護士だけでなく金額によっては司法書士もですが、多くはクレジッ...
2016/06/25 13:34:25 |
何かと問題が大きくなりがちでトラブルにも発展してしまう闇金融は、借りた個人が解決しようとしてもうまくいかない場合が多いです。借りたお金を支払って終わりかと思えば、闇金融の中でも特に悪質なところにひっかかってしまうとさらに大きなお金を請求される場合があります。闇金融に対しては常識は通用しないので、借りたお金を払ったから終わりとはならない場合があります。よく分からない理由で追加でお金が請求され、応じないと嫌がらせや取り立てが繰り返されることになります。嫌がらせにしても取り立てにしても、闇金融は借りた本人以外にも行ってきます。家族や会社の方、その他にも近所の方々への嫌がらせを行う闇金融すらあります。...
2016/06/25 13:33:25 |
借金が膨れ上がってしまって満足に返済ができなくなってしまった、借り入れ先が多すぎてどこかは返せないところが出てきたなどの状況となると、今後の生活にも不安があります。このまま状況が悪化して完全に借金が払えなくなってしまうとどうなるのかと気になる方も多いです。借りたお金である以上はしっかりと返さなければいけないとは分かっていても、お金がなければどうにもなりません。とは言え、開き直っても借金がなくなるわけではないので、借金が返せなくなるとどうなるかを知っておく必要があります。まず、借金の支払いができなくなると各借り入れ先から催促の連絡が届きます。そのまま支払わないと督促状や訴状が届く場合があり、これ...
2016/06/25 13:33:25 |
浮気による離婚となった際に、何かと面倒になるのが慰謝料の請求です。金額をいくらにするかで話がまとまらない場合が多く、うまく折り合わずに慰謝料の請求額を妥協してしまうこともあります。しかし、それでは浮気をされた側が損をしてしまいます。慰謝料は精神的に負ったダメージに対するお金なので、本来であれば妥協というものはすべきではありません。心の怪我に対する治療費とも言えるので、治療にかかるお金となる慰謝料はしっかりと請求をしなければなりません。浮気の動かぬ証拠があれば裁判となっても慰謝料の請求で負けることはありませんが、金額がどうなるかは結果次第です。個人で進めるには無理があるので、浮気の慰謝料問題で話...